ケイゾク2
    2008年 07月 24日
梅雨も明けて、いよいよ夏本番な今日この頃。いかがお過ごしであろうか?
私はといえば相変わらずである。



前回エントリー後、コメントやメールをくださった方々、どうもありがとうございます。
順調に左足も回復?しており、ギブスも外れ、全治6週間との診断結果の最終日まで残すところ12日と迫っている。
が、しか~し、まだまだ痛みはおさまらず、それどころか腫れがひかない。
f0098123_15394779.jpg

こりゃあ、全治期間の延長になりそうだ。というか、通院している病院は『ヤブ』っぽい。周りの評判も悪く、毎回注射を打つ程注射好きな医者である。待合室で待っていると、診断を終えて戻ってくる患者が次から次へと腕を押さえて来るのである。おかげで、注射嫌いな私も慣れてしまった程だ。


さて、この静養期間、あまりにも暇なので色々な事で時間を潰している。
7月11日には、近所のソフトバンクショップに車で送迎してもらってiPhoneを購入したり(普通に購入出来た)、PSPのモンハン2ndGに熱中したり、近所のパチンコ店に大海物語スペシャルを打ちに行ったり、その他色々。
f0098123_15401783.jpg


あ、もちろんカードやコインにも触れているわけで。



さらには、部屋の壁に当コレクションのバイスクルデックを飾るディスプレイ棚を取り付けてみたり。予想以上のコレクション数で、購入してきた棚が足らない始末。それだけバイスクルの種類は豊富なんだなぁと、しみじみ実感。
f0098123_15404422.jpg




来月にはいよいよジャパンマジックコンベンション2008が開催されるが、この足の状態だと参加出来そうに無い。

くやしいですっっっ!!
[PR]
# by cardisyan | 2008-07-24 15:40 | 雑記
ケイゾク
    2008年 06月 27日
f0098123_1448121.jpg

かなりのご無沙汰エントリー。放置というか、更新出来ない状況にあったという事だけ言い訳させて頂きたい。

というのも、子供が手術をして入院していたのだ。前々から手術する予定ではいたが、急遽手術日が決まりバタバタしていたというわけだ。
無事に手術も終わり、順調に回復してホッとしている矢先、もう1つ新たに当ブログ更新を出来ない状況が発生。




最近、ニュースでもお馴染みの秋葉原。つい先日も警察官が手のひらを切られるという事件が発生して何かとお騒がせであるが、実はこの秋葉原で私的な出来事が発生してしまったのである。
仕事中の出来事だが、0時20分頃に最後の仕事を終え、仮眠をとるために上野まで歩いて帰る際の事、そこは灯りも無く、足場も非常に悪い場所。足場の良い高さ50cmくらいの通路を見つけて気を付けながら歩行していたわけだが、通路から降りた所がちょうど足場が悪く、左足首を外側に捻ってしまい、そこに全体重がかかって転倒。
激痛により歩行不能となり、病院で診察の結果、靭帯を3箇所損傷しており、全治6週間という診断がくだされてしまったというわけ。ギブスに松葉杖の生活になってしまった。



悪い事は重なるもので、これによりまたしてもバタバタ騒ぎ。
そんなわけで、また暫くブログを更新出来ない状況が継続してしまうため、ご報告だけでもと思い、今回のエントリーとさせて頂きたい。


ただ、完治するまで仕事には復帰出来ず在宅時間がかなりあるため、もしかしたら更新出来る機会があるかも。
とりあえず手は無事なので、マジックの練習に励むつもり。


完全復帰までしばしお待ちを!
[PR]
# by cardisyan | 2008-06-27 14:48
ある意味ビックリ
    2008年 05月 10日
GWもあっという間に終わり、そろそろ梅雨入りを感じる今日この頃。
いやー、蒸し暑い。5月でこの暑さだと、今年の真夏の暑さはどうなるのだろうか?考えただけで蒸し暑い。
暑い日には冷たい物を欲したくなるが、ハーゲンダッツから1個1000円(6個セット6000円)のアイスが発売されたそうな。




先日、物凄く久しぶりにネット通販を利用してマジックグッズを購入。
当ブログでも紹介した事があるが、入るはずもない透明な空き瓶の中にカード1組がケースに入ったままの状態で入っている、変わったアイテムがある。瓶の入口は明らかにカードより小さく、ケースに入ったまま未開封のカードが入るわけもなく、見るだけで不思議を感じる。が、もちろん元から入っている状態で販売されているため、マジックとして使うのは難しい。
空き瓶の中にコインや栓などを目の前で貫通させるマジックはあるが、カード1組無理であろう、きっと。

今回私が購入したのは上記アイテムではなく、な、な、なんと、空き瓶の中に入っている1組のカードを目の前で取出してしまうという物。これ、ありそうで無かったよね?
カードマジックのオープニングに最適なので、即注文。



二日後、商品到着。



開けてビックリ(゜_゜)
いえ、マジックにではなく、トリックに。だって、『まさか、これはないだろ』と思っていたトリックなんだもの。
f0098123_991755.jpg
f0098123_994974.jpg

価格がお手頃な事もあったが、ズバリの予想に久々の衝撃を受ける。
しかも、肝心なカードを取り出すシーンをハンカチで覆い隠すときたもんだ。こんな事、ショップの宣伝文句には書いて無かったわけで…。
さらには、取り出している途中経過をチラッとハンカチを外して見せると解説書にはあるのだが、そんな事したらこのトリック、大半の人にバレるであろう。



そんなこの商品『ボトルデック』。インテリアとしていかが?
[PR]
# by cardisyan | 2008-05-10 09:19 | アイテム
1ヶ月以上ぶり
    2008年 04月 25日
1ヶ月以上のご無沙汰。
スギ花粉に悩まされていた事がまるで嘘のように、現在はヒノキ花粉に悩まされている。

この1ヶ月間は新しいマジックを覚えるでもなく、考えるでもなく、演じるでもなく、時間のある時にカードやコインに触れるといった具合に終わってしまい、ちょっぴり反省。

とは言いつつも、少しは人前で披露はしていたのだが。





昨日は、昨年、一昨年と職場の気の合う仲間達で毎年催している『猪・友の会』に参加。雨の中、群馬県高崎市某所にマイカーで出動。男女15名弱が集結。
今年は猪のシーズンとズレてしまったらしく、青森県近海で採れたホタテを囲んだ『ホタテ会』へと変更。
f0098123_1091051.jpg

ホタテはシーズンが無く、1年中採れるそう。青森出身の先輩が、一昨日水揚げされて届いたばかりのホタテを捌く。そのスピードといったら職人技。刺身や煮物用に、肝、ヒモ、貝柱を分離するのである。
そんな手捌きを横で見ながら、


「あ、あの~、私、ホタテは貝柱しか食べれないんですけど…」
「あ、それと~、車で来てますから酒は飲めませんので…」

一体何をしに行ったのであろう?まぁ、元々アルコールは弱いのだが。



そう、私の役目は宴会芸要員。このような酒の席では必ずマジックのご使命を頂戴する。毎年恒例行事である。

昨夏、同僚の結婚披露宴で演じたネタ(2007年9月17日エントリー参照)をはじめ、紙幣ネタやメンタル系マジックを幾つか披露。
乾杯をしてからだいぶ時間が経ってからのご使命であったので、出来上がってる諸先輩もチラホラ。相変わらずのムチャ振りや流れを止められるのも何のその。淡々と披露。楽しんで頂けたので結果オーライである。


さてさて、次回はいつになる事やら。





話題はガラッと変わり、いつもは単独で『テレビっ子』として今後放送されるマジック関連番組の紹介をエントリーしているが、毎度のようにテレビガイドで調べるも来月は見当たらず。
唯一見付かった番組をご紹介。

5月27日(火)19時~
マジック革命!セロ!!(仮題)  CX




以上、まとまらないエントリー。
[PR]
# by cardisyan | 2008-04-25 09:45 | 雑記
今年も新作ラッシュなるか?
    2008年 03月 21日
久々の更新でこんばんわ。
花粉と闘う毎日。毎年の事ながら、目が土偶。どうも、ロックです。


例年この時期は、マジック実演を出来る限りお休みしている。目が充血しているわ、下を向けば鼻水が垂れるわで、演技に集中が出来ないのだ。おかげで、その分の時間が空いてしまう為、この時期はプライベートで忙しい。




今回のエントリーもBICYCLE新作について。
今年はそれ程新作ラッシュは無いが、昨年は物凄く多くのBICYCLEが発売された事は記憶に新しい。本当に種類豊富で、52種類を掻き集めてレインボーデックにしてしまうコレクターもいた程。そして、それをオークションで販売してしまう者もいた程。
そんな中、遅れながらも正規のBICYCLE RAINBOW DECKが発売。『正規の』というのは、U.S.P.C.から発売という事。52種類の異なった裏面デザインのデックに加え、4枚のマジック・ガフカードが付いて合計56枚1セット。
f0098123_19102059.jpg


もう1つは、特殊なBICYCLE。
超能力の実験などで使用されるESPカードという物をご存知であろうか?□や○、☆などの記号が表面に描かれている、アレである。私自身、このカードを用いたマジックは演じないのだが、このカードならではの面白いマジックも多々発表されている。
このESPカードのBICYCLEバージョンが新たに発売。その名もBICYCLE ESP TEST DECK。下記写真を御覧のとおり、斬新な記号が描かれている。裏面デザインはライダーバックの模様。
f0098123_19115376.jpg




そのうち、国内でも見かけるかな?
[PR]
発売
    2008年 03月 08日
3月に入ってから、花粉が猛威を奮い始めた。鼻はムズムズするし、目は痒いし、こりゃたまらん。



さて、本日は出勤前のエントリー。という事で、手短に。

ついに、Theory11からニューバイスクルが発売。その名もBICYCLE CENTURIONS


発売開始直後の完売を予想していたが、まだ購入出来る模様。海外某オークションでも出品され始めているようだ。

最近はヤフーオークションに出品されるのも早いから、焦って海外から直輸入する必要も無いかなぁと思う今日この頃。
f0098123_18353616.jpg

f0098123_1836592.jpg

[PR]
暦とトランプ
    2008年 02月 29日
本日はうるう年。4年に1度のうるう年。
毎年いつも『あれ?うるう年って今度いつだっけ?』と考えてしまいがちだが、オリンピック年と覚えれば良い事が分かった今日この頃。本日お誕生日の皆様、おめでとうございます。




さて、本日の昼はNHKの金曜バラエティーを鑑賞。『息ぴったり!?マジック親友競演!』という事で、マギー審司氏とRYOTA氏が出演。
うるう年にちなんだカードマジックをいくつか演じており、その中でジョーカーは2月29日にとって非常に重要なカードであると、暦とトランプの関係を解説。
すでに書籍で読んで知っていたのだが、雑学知識として知っておくとちょっぴり博識気分。詳細は以下の写真。
f0098123_021175.jpg


つまり、うるう年はエクストラジョーカーという事。


バイスクル・ライダーバックのエクストラジョーカーは絵柄が小さく、ギャランティー(保証書)としての役割を果たしている。
f0098123_025141.jpg

バイスクルの中には2枚のジョーカーともレギュラーで、エクストラジョーカーの無いシリーズもある。その中でも、発売当初から気になっていたのが、バイスクル・ゴーストのジョーカー。
一見2枚とも同じに見えるが、よく見ると違いがあるのが分かるだろうか?

f0098123_03228.jpg
これって、どちらがエクストラジョーカー?
[PR]
# by cardisyan | 2008-02-29 23:36 | 雑記
エンターテイメント
    2008年 02月 13日
しょこたんのブログが、総アクセス数10億を超えたとか。
ちなみに、しょこたんブログは当ブログと同じexcite。だからと言って特に深い意味は無い。





それにしても毎日寒いったらありゃしない。まだまだ寒さと、これからやってくる花粉症に悩まされる日々が続きそうだ。花粉症といえば、レンコンが花粉症の抑制に効果があるとか。昨年はわさびの根だったり、一昨年はヨーグルトだったり、一体どれが本当に効果があるのだろうか?
疑問を投げかけたところで、こたつに入り録画したまま放置していたテレビ番組を鑑賞。


録画リストの中に、先月の夜中に放送されたマジック番組の再放送を発見。そう、HDDの容量が足らずに録画出来ていなかったあの番組。
レコーダーに内蔵された番組表で『マジック』と検索をかけ、ヒットした番組を片っ端から予約するものだから、どんな番組を予約したか忘れてしまう事が多いのだ。時にはNBAのオーランド・マジックの試合が録画されていたり、今回はYMO(イエローマジックオーケストラ)の番組が録画されていたり。

そんな再放送のマジック番組を鑑賞しての率直な感想。


つまらん!

楽しめたのは、都々氏のマジックくらい。決して出演マジシャンが悪いのではなく、番組の構成が悪い。そりゃあ、深夜放送なわけだ。



気を取り直し、何故か録画されていた『奇跡体験!アンビリーバボー』を鑑賞。視覚トリックの特集であったため、検索でヒットしたようだ。

いやぁ~、この特集は興味津々に楽しむ事が出来た。
世界には物凄い達人がいて、両手で影絵を操るオーストラリアのマジシャン、レイモンド・クローもその一人。
彼の演技を実は、前々回のFISMの特番で見た事があるのだが、あらためて鳥肌がたつような素晴らしいもの。影絵って、つい真似したくなるのは私だけ?
■実際の演技映像『Amazing Hand Shadow show by Raymond Crowe』



他にも、A4サイズの用紙たった一枚で二次元と三次元空間を作りあげる達人が取り上げられ、これがまた凄いのなんの。当然ながら、切り取られたスペースと立体の部分の紙の量は同じ。
f0098123_1121527.jpg

f0098123_11213052.jpg

f0098123_1122161.jpg


また、折り紙歴25年の達人も登場し、数々の作品を紹介。これまた当然ながら、全ての作品にハサミは使われていない。大きい物になると、1m×1mの紙を使用するそう。
f0098123_11223250.jpg

f0098123_11225486.jpg





こういった視覚トリックなどはマジックにも使われている事があり、共通するところが多々ある。まさにエンターテイメントの世界

2月21日の同番組では、『視覚の超トリックスペシャル』と題し、影の魔術師によるSHADOW DANCEが放送。
f0098123_11242321.jpg

これまた興味津々。


[PR]
# by cardisyan | 2008-02-13 11:24 | 雑記
新刊、近刊、買わないかん
    2008年 02月 07日
あ~、さび~(寒い~)。
ここのところ、関東でも雪ラッシュ。我が家近隣でも3日に降って、6日に降って、今度は9日にも降るそうな。しかも、3日の時以上に積もるそうな。こりゃあ荒れるな。
しかしながら、私にとってこの雪ラッシュはありがたい。何故なら、奴の活動が弱まるからだ。
あ、奴とは花粉の事ね。先月末あたりから目の痒みが微妙に現れ始めたのだが、今日はちっとも「カユクナーイ」。





雪の日は家の中でおとなしくしているのが一番。というわけで、今回はマジック関連書籍の新刊と近刊のご紹介。
まずは新刊、『松田道弘のシックなカードマジック』。内容は下記のとおり(東京堂出版より)。
f0098123_1853459.jpg

シックにこだわった松田道弘カードマジック作品集第8作目!!
シックにこだわり続ける著者。長年のマジック研究の結果行き着いた、シックなカードマジックの追求。単純・改良・明快さ・客を驚かす工夫をめざしたカードマジックの作品集。
1章に2作ずつ、合計10章20作品ものマジックを収める。8作品集の参考文献リスト付。

[目次]
第1章 シックカードをめぐって
第2章リバース・ゲーム
第3章ストップ!
第4章インポシブル・フライト
第5章エースのレストラン
第6章アニュージュアル・アセンブリの異次元世界
第7章ツイスティング・ザ・フェイク
第8章カニバル・クエスト
第9章Mental Cases with Cards
第10章プロレム・ソルバー

3570円 好評発売中





お次は近刊、『世界のカードマジック』。内容は下記のとおり(東京堂出版より)。
f0098123_18533941.jpg


米国で刊行された『Card Magic』の翻訳本。
世界で著名なマジシャンの約70種のマジック作品を700点以上のわかりやすい挿絵とともに解説。付録にトリックカード7種とシール6種を付す。

3780円 2月下旬発売





カーディシャンにとっては、どちらも気になる1冊であるはず。
私の今年の目標である『毎月1冊』、今月と来月の1冊はこれらで決まり。





それにしても、さび~


以上、こたつの中から手抜きエントリー。
[PR]
# by cardisyan | 2008-02-07 18:53 | 雑記
これは良い!
    2008年 01月 29日
キターーーーーヽ(´▽`)/

本日、今年最初のナンバーズ3を購入。久方ぶりに購入したのだが、これが見事に当たり。しかも、ボックスであるのになかなかの高配当、『488』で47000円也。
f0098123_23505646.jpg

ちなみにストレートで購入していたら、141200円也。ちょっぴり残念と、欲をかいてしまうなり。





さて今回は、前回のエントリーでも書いたとおり、日本人マジシャンのレクチャーDVDを私的レビュー。
4点程鑑賞したのだが、中でも一番惹かれたのが『キラスタイルⅢ』。大半がカードマジックで、前作同様に独特でマニアックな技法や作品が掲載されている。
f0098123_2351489.jpg


例えば『マインドピーク』、これはかなりマニアック。相手の思ったカードを当てるマジックなのだが、タイトルにもあるようにピークを使う。ピークする前段もマニアックな技法を使うが、ピーク自体もマニアック。しかも大胆。
独特な技法であるためにスムーズに演じるには練習が必要だが、マスターすればマジシャン相手にも通用する面白い作品。

さらには『F4A』。フラリッシュを用いた4Aのオープナーだが、これがまた鮮やかでカッコいい。同様のオープナーは幾つもあるが、これは本当にカッコいい。
つい真似してやってみたが、指の短さによりギブアップ。フラリッシュがお好きな方はチャレンジしてみると良いであろう。

そして一番素晴らしいと感じたのは『シバザクラ・コインシデンス』。
私の好きなマジックに、ポール・カリー氏の『The power of thought』という作品がある。2つの色違いのデックを用意し、それぞれがバラバラでよく混ざっている事をあらためる。このうちの1つのデックから相手に1枚のカードを選んでもらい、そのカードだけがデックから突き出た状態にする。この状態で2つのデックのトップから1枚ずつ同時に表返していくと、相手の選んだカードだけがそれぞれのデックの同じ枚数目から出現する。もちろん、残りのどのカードも同じ枚数目からは出現しない、というもの。
これを1デックのみで、ペアカードが同時に出現するという形で2度続けて行い、極めつけはシャッフルを数回してよく混ざった事をあらためたにも関わらず、残りのカード全てが同時にペアで出現してしまう。
これはかなり不思議なので、ぜひ見て頂きたい作品。

いやぁ~、良いものを見たな~。


そんなわけで、次回のエントリーは…




未定
[PR]
# by cardisyan | 2008-01-29 23:52 | レビュー
          
   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31